行政書士谷口誠事務所
 ホーム ご相談・ご依頼の総合窓口 
帰化許可申請  
帰化申請とは 帰化申請許可のための条件
日本国籍に変更することです。
お住まいの法務局に、ご本人が申請します。
未成年の方は、保護者の方と一緒に申請します。
国籍法に定めがあります。
住所条件・能力条件・素行条件・生計条件・重国籍防止の条件・不法団体条件が、定められています。
但し、日本人の配偶者などは、住所条件が緩和されております。
帰化書類について 帰化申請で注意しておいた方がよいこと
収集書類は、日本国内と本国のものに分けられます。
韓国(朝鮮)や中国の方の場合は、本国関係の書類は、
ほぼ決まっておりますので、収集のサポートが可能です。
本国関係の書類は、取得に時間がかかる場合が多いので、余裕を持って、
準備しましょう。

作成書類もたくさんあり、様々な書類が必要になります。
当事務所では、お客様の便宜を考え、作成書類をデジタル書式化しておりますので、すべての書類をパソコンで作成出来ます。
準備から、申請、そして許可までお時間がかかります。

条件が揃わないと申請そのものが出来ないことがあります。 

ご年配の方、ご結婚なされている方、自営業の方等は申請
が大変になって来ます。

要件(条件)ごとに、注意点があります。
すべての点をクリアーすることが必要です。
特別永住者について 静岡県の帰化申請
特別永住者の方の申請は、優遇措置が取られております。 申請は、静岡・浜松・沼津各法務局のみとなります。
必要書類や審査は比較的オーソドックスと言えるでしょう。 
一部書類は、各法務局によって、取扱いが異なります。
法務局の管轄について(法務局・pdf)
当事務所の特徴 最近の状況
専門事務所ですので、ご相談から申請、許可までサポート
致します。
すべての書類をパソコンで作成出来ます。
韓国(朝鮮)戸籍の取得・翻訳のサポートは万全です。
許可取得まで、かなり早いとのご評判を頂いております。
(以前、ご依頼から約2週間程度で申請まで持って行った例
もございます。無事許可取得。) 

副本もお渡ししております。
事前相談のシステムが変更されています。意図はわからないでもないのですが、我々専門家からすれば、非常にロスが多い(大きい)ものとなってしまいました。
当事務所では、早速対策を講じ、徒に申請が滞ることのないように、システム改変に対応致しております。
どうぞご安心下さい。
参考情報 その他
出入(帰)国記録に係る開示請求について
外国人登録原票に係る開示請求について 
年金記録について
納税の義務
収入について
預貯金について
本ページは順次バージョンアップ予定です。よろしければ、以前のページも併せてご覧下さい。
                       
 このサイトのすべてのページの無断転載を一切禁じます