行政書士谷口誠事務所
 ホーム ご相談・ご依頼の総合窓口
入管・在留・ビザ申請  
名古屋入国管理局長届出済申請取次行政書士 申請者ご本人の入管への出頭が不要です
申請の時も、受領の時も出頭不要
技術・人文知識・国際業務
大学などを卒業した学生が、企業などに就職する場合に、与えられる在留資格です。

一般的に言って、
文化系の学部→「人文・国際」
理科系の学部→「技術」
と言えるでしょう。

以前は、当局もこの点を厳しく審査していることもありました。
ただ、現代のの企業の状況から言って、現実的ではない区分とも言えると思います。
そこで、この在留資格は統合されました。(平成27年4月1日施行)

上記のように以前は、卒業学部・学科と就職希望企業の職務内容との適合性が非常に重要でしたが、
現在では、「留学」からの変更申請の場合には必要以上には問わないこととされています。
但し、専門士及び高度専門士については、依然として、適合性の立証は必要です。

カテゴリー3や4の企業・組織で、初めての申請などの場合は、特に十分な準備が大切です。
財務状況なども問われますし、更新の際も、勤務状況などが問われます。
特に、年々更新手続きが厳格になっていますので、安易な考えでの申請は、避けた方が良いでしょう。
この点、学生さんや雇用担当の方は、十分に認識をし、万全のご準備をなさることをお勧め致します。
                       
 このサイトのすべてのページの無断転載を一切禁じます