行政書士谷口誠事務所  
ホーム TEL:054−653−7373 
在留特別許可
収容される前に手続きをするべきです。

収容後は、当然救済も難しくなります。
時間との勝負になります。

婚姻事実、同居年数は、特に重要です。
配偶者の職業・年収、交際経緯等の事情から、総合的に判断されます。

婚姻をしていないときは、市役所や大使館等との折衝も必要になります。

「出国命令制度」もあります。

上陸特別許可」も考慮に入れましょう。